FC2ブログ

そろそろ冬です

撮影小屋近辺のカラマツが紅葉の時期となりました。もういつ雪が降ってもおかしくないです。



X-T2 XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS

結局先週は5度撮影に行きましたが、いろいろありまして成果はいまひとつかもしれません。処理が追い付かないのでまだよくわからないのですが。
次の新月期からはシーズン本番ですので、問題点を改善しておきたいです。
スポンサーサイト



晴れすぎ注意報



今週すでに3日撮影に行きましたが、明日も明後日も明々後日も行かないとならないとは…

SIGMA 135mm F1.8 DG HSM Art、GFX50Sの周辺像

前回記事の画像ではわからないと思いますので、参考までに拡大画像です。

sigma135mm GFX

ということで最周辺はちょっと厳しいかな、ということです。

あくまでフジの中判(33x44mm)で写した最周辺ですので、シグマ135mmの評価を下げるものではもちろんありません。フルフレームでは天体適正最優秀レンズのひとつであることは間違いないと思います。

そろそろ始動

大変ご無沙汰しています。毎年ながら夏は天気が悪くモチベーションが下がります。先月あたりからようやく撮影を始めています。
今週の日曜日は21時には月の出でしたが確実に晴れそうでしたので、カメラレンズで撮影して来ました。

2019白鳥

 撮影日:2019年10月20日
 赤道儀:EM-200 Temma PC Jr. KOWA LM75JC M-GENによるオートガイド
 カメラ:SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM (F2.8) GFX 50S ISO1600、4min.x24(総露出96分)
     RStacker、Photoshop CC、StarNet++にてフラット、現像その他画像処理
     ダーク処理なし、トリミングなし
 撮影地:南とかち天文村スタジオK

StarNet++を使ってみました。なかなかきれいに星が消えますので、それをマスクにして星雲のみを強調、それと星あり画像を単純に合わせています。まだまだ試行錯誤が必要ですが、便利に使えそうです。今までPhotoshopの明るさの最小値を使っていましたが、出番がなくなるかもですね。

それより、GFXに十分使えると思っていたArt135mmは周辺は全く厳しいですね。F4まで絞ってどうか見てからですが、大人しく純正GFレンズを買ったほうがよさそうです。

M16

3日に怪しいながらもフラットを取得し、M16の処理をしました。

わしブログ用5

M16
 撮影日:2019年6月26日
 CCA-250 645レデューサーCA0.72x(890mmF3.6)
 赤道儀:EQ8 GOTO KOWA LM75JC M-GENによるオートガイド
 カメラ:NikonZ7 HKIR改造 ISO3200、
 露出時間2分x32枚(総露出時間64分)
 RStackerによりフラット処理、Photoshop CC 現像その他処理、 ダーク処理はなし、トリミングなし
撮影地:南とかち天文村スタジオK

早速言い訳ですが、怪しいというのは薄明フラットを撮りに行った時にはまだ青空も広がっていましたが、日没が近付くと案の定海から湿った空気と黒い雲があっという間にやってきました。この季節によくあるパターンです。曇りでも何でも撮ろうと思っていましたが雨が降っては無理ですので、日の入り前にとにかくフラットを黒い雲に向けて写し始めました。ですが8000分の1秒で適正です。低速でないと多分フラットは合いませんので、ISO100まで下げてそれでもまだ高速でしたがとりあえず写して退散してきました。フラット処理してみると8000分の1秒のものは全然合いませんでした。アップしたものも合ってはいないのですがレベル補正で何とかなりました。

ということですが、Z7、結構よいんじゃないでしょうか。気温が20から15℃位でISO3200ですが、そんなにノイズも酷くはありません。
天気が安定する時期に、6DやGFX、X-T2と撮り比べてみたいものですが、とりあえずGFXと画角と対象により使い分けて2台メイン体制で行こうと思います。
プロフィール

studio-K

Author:studio-K
十勝平野の撮影小屋(studio-K)
から星を撮影しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR