FC2ブログ

今日のビール、ヴェデット・エクストラ・ホワイト。

週末はGPVを検討するまでもない状態でした。こんな時はビールでも飲みながらヤフオクを眺めるにかぎります。
 
今日のビール、ヴェデット・エクストラ・ホワイト。
 

 
日本でもポピュラーなベルギービール、ヒューガルデンホワイトと同じく小麦を使ったビールで、ベルギービールとしては比較的軽く、アルコール度数も低いタイプになります。
ちなみに、グラス、コースター共にヒューガルデンホワイトのものです。ヴェデットのものは持っていないので仕方がないのですが、一般に似たタイプのビールは似た形のグラスが合うはずで、ホワイトビールはタンブラー型で良いと思います。
コリアンダー、オレンジピールなどのスパイスが入っていて(日本の法的には発泡酒に分類されるようです)、スッキリ爽やかフルーティーな味わいです。比較的冷やした方がよいので夏向きですね。にがいのが苦手な方にも受け入れられると思います。私は今回初めて飲みましたが、美味しくいただきました。
 
さて、今月も、っていうかブログ開設以来坊主決定。いつのまにかビールブログの様相ですし。
 
来月は何かと忙しいので、次の新月期は9月末ですかね。それまでにガイドシステムは固まっているでしょうか。今のところ気持ちはSSAGに大分傾きつつありますが…早く出撃したいです。
スポンサーサイト



コンセプトは好きなんですが。

今週も25、26日と日課となりつつオートガイダーテストを行なっていました。それで昨日一つの結論を出しました。
 
VSTでのオートガイドはひとまず断念し、Webカメラ、リレーボックス、ノートPC、フリーオートガイドソフトを用いた今は皆さん一般的によく行なっているシステムを考えます。
 
VSTが悪いということではありません。私のEM10との相性でしょうか。ただ、うまくいかないときに設定を調節できる要素が少ないのです。パソコンいらずが魅力でしたが、やはりパソコンからパラメータを設定できることも必要なようです。
 
今日早速手持ちのノートPCにGuidedogをインストゥールして、今まで使っていたCCDカメラとビデオキャプチャーでつないでみました。明るめの星しか写らないようでしたので、やはりCCDWebカメラがいいのでしょうか。でもQCAM Pro 4000R等は手に入りにくそうですね。
 
ここ数ヶ月ちょっと回り道でしたが、いろいろ勉強にはなりました。でも、またこれからも大変かも。何とか十勝晴れの季節(冬です)までには間に合わせたいです。

もうすぐ新月期

依然こちらではなかなかよい天気の日がありませんが、新月期がやってきます。
 
写真を撮らない事には始まらないので、今月は晴れたら近場で広角から中望遠星野を撮ろうということで考えています。
 
オートガイド不成功の犯人探しは続いています。どうしても赤経方向に少し流れます。
昨日はまず撮影ではなく、なつかしのGA-4を引っ張り出して直接眼で監視してみました。すると気付いたんですが、GA-4のレチクルの位置って眼がずれると動くんですね。ですから微妙なずれが評価しにくいのですが、オートガイドはうまく働いているように思われました。それでは、と望遠レンズデジイチに変えるとやはり流れます。また振り出しに戻る、か。
前から気になっていましたが、私のS5Proはレンズマウントに結構ガタがあります。通常の許容範囲かなあと思い気にしないようにしていたのですが、手持ちのマニュアルニコン機やD40と比べ明らかに大きいです。またさらにペンタックス67レンズマウントアダプターをつけていて、これがガタが多い。この問題であったのなら一件落着なんですが、どちらにせよカメラ本体とレンズと2点支持にする必要はありそうです。でもいろいろ今まで試して改善したためしがないので、どうも他に根本原因があるような予感がしてなりません。…つづく

あれから2年…

ちょうど2年前の今日、家族3人での初めての海外、奄美にいました。結果は、この写真が精一杯でした。星見の曇りには慣れている私ですが、この時は悲しかった。
 

 
皆既日食1分前
2009年7月22日 奄美大島にて 前景は金作原原生林で前日撮影
 
でも、この時からようやく我が家の天体写真もデジタル化となりました。次の海外遠征は全く未定です。もうないかもしれないけど、もし行くなら少しは確実性のあるオーロラや南半球の天の川のほうがいいのかもしれません。一般には、大彗星(ヘールボップ)、流星雨(しし群)とくりゃ、あとは、ん~やっぱり黒い太陽でしょうね。

雨降りですが、MultiSync LCD-PA241W(BK) 、到着。

新モニター、到着いたしました。
 

 
どうせ買うならカラマネ対応、できればえーぞー、と思ったら、何とタカハシの鏡筒1本買えそうなお値段。もう少し何とか常識的?なものはないのか、ということで行き当ったのがこれでした。コストパフォーマンス的に非常によいお買い物だった、と開ける前から考えています。ついでにこのモニターの能力を最大限に発揮すべく周辺機器、ソフトも揃えました。先日までカラマネって何の略かも知らなかったのに、箱を見ただけでもう美しいプリントを手にしたかのような錯覚に陥っています。写真を撮ってもいないうちから危険です。
 
使えるようになったらいろいろご報告しますが、そもそもそれだけの力もないので無理かもしれません。今日は全く調整もせずに、皆さんのブログの写真など見入っているうちに終わってしまいました。
 

雨です、満月です、ゆっくり眠られます

今日は雨です。梅雨前線が北上しています。これがすっかり北に抜けると、短い北海道の夏がやってきます。
 
どちらにせよ満月期で新規の写真は撮りに出かけられませんので、プロフィール用に使っている画像をご紹介します。全く季節はずれですが、涼しい気分を味わってください。実際は-20℃の世界です。
 

 
月夜のハルニレ
自作全天カメラ ペンタックス67タクマー35mmf4.5フィシュアイ プロビア100F
 
風景写真でおなじみだと思います。豊頃町のハルニレです。原版はかなり露出オーバーですっかり昼間のようになってしまいました。レベル補正のみしております。もう少し月が細いときに、できれば新雪で人の足跡がない写真を撮りたいのですが、もう何年も実現していません。ここは有名な観光地(撮影地?)ですし十勝は降雪が少ないので、いつ行っても足跡だらけですね。星景写真はいろいろむずかしいです。

今日の麦汁

今日も暑かったです。というわけでこれっ、ですね~。
 

 
今日も泡が美味しそうな麦酒、いや麦汁ですか。というわけで最近よくいただくノンアルコールビールです。今は各社から出ているノンアルコールビールですが、どうも変な甘味に馴染めなくて今ひとつと思っていました。でも、こちらは苦味も美味しいし泡立ちもいいし、最近はこればっかしです。何といっても夜の天気を気にせず昼間っから飲めるのがいいです。
 
さて、肝腎の星の方ですが…
 
まずは、いろいろ環境整備を。
 
フォトショップCS5を購入しました。まだ届いていませんが、体験版を既にインストールしました。過去画像を再処理してそのうちupさせていただきます。
PCディスプレイを更新予定です。今まで中古で購入の普通の事務用TNモニターでしたのでIPSにはしたいのですが…検討中です。
 
懸案のオートガイド。先程、赤経修正スピードの調整を試そうとしましたが、どうも動きがおかしいです。今夜は減速不能。コントローラーを開けて基板のハンダ等見たりテスターを当ててみましたが、素人目には特に問題なし。室内で動きをいろいろ試したり、EM10の説明書を読んでいました。
 
今夜の段階でわかったことは、
高橋の説明書では「増速速度は…100%から200%まで無段階に設定でき…」とあるが、ボリュームを絞るとモーターはほぼ停止する。つまり、増速速度は約0%から200%まで設定でき、ボリューム中程以下の位置ではガイドが遅れると増速ボタンを押しても恒星時より遅く修正不能。ボリュームを真ん中以上で調整すればことは足りそうですが、もともとこんな設定なんでしょうか。15年ほど前のEM10でありますが。
ということで、高めに合わせていざ試そう、と再び外に出るとベタ曇りでした。はぁ、力抜けた。

星より機材

今月の新月期は天気も悪いし、他の都合があったりで撮影に行けそうもありません。そこで例によって機材整備ですね。
 
小物をいろいろ購入してしまいました。
 
まずはこれ。
 

 
ボーグのM42ヘリコイドL。今までガイド鏡のピントが抜き差し式でしたが、ガタが出るのとピンとも合わせにくいため入れることにしました。けれども、ヘリコイド自体のガタはないものの、ストッパーがないのでテープで固定したりの必要が出そうです。
 
続いて、バランスが取りにくいのでスターベースのジュラプレートをオークションで購入。
 

 
上が今まで使用のマッチプレート(小)ですが、一回り大きく、平行移動してバランスが取りやすくなっています。ペンタックス67も余裕で載りそうです。
 
以上は、ガイド星の星像を小さくし、バランスをとって、いずれもガイドの精度を上げよう、ということです。
 
さて、さらにこれ。
 

 
ん~、時代遅れの逸品です。フィルム吸引用のポンプ。オークションで簡単に落札。
ガイド撮影中も固定の星景用カメラでコマ数を稼ごうと購入しました。今までも同型のポンプを使っていてどうも吸引が弱くなったような気がしていました。ホコリが詰まるという話もあるので分解掃除もしてみましたが、中はきれいでしたし吸引力も変わらず。が、今回購入品の方がやはり強力でした。メインで使おうと思います。
 
あとは撮影地ですが、以前星景を撮った場所で山から遠い畑の真ん中の農道脇で撮ろうと思います。標高はありませんが、ヒグマの心配はまずなし。天頂付近を狙おうと思いますし、光害指数も0.7と出る場所ですからとりあえず十分でしょう。うまくいけば、できれば次の新月期、さらにいいところに遠征です。
 

今日のビール グーデンカルロスクラシック

本来は新月期の週末、ということで遠征に行くしかないのですが、今週末はもともと用があって出かけられません。天気も相変わらず全国的に悪いようですね。
 
そこでありがちなネタですが、今日のビール。待ってましたー!?
 
私はビール、それもベルギービールが大好きです。最近は自宅でアルコールを飲むのは控えめにしているのですが、このたび久しぶりに知人にいただきましたのでご紹介します。
 
今回は、グーデンカルロスクラシック
 

 
ベルギーにはわかりやすく言うと、日本の地ビールのように小さな醸造所がいっぱいあり、それぞれが個性的なビールを作っています。甘かったり、酸っぱかったり、度数が強かったり、どういうのがベルギービールの特徴、とは全く言えないほど多種多様ですので、飲んだことがない方は是非いくつかお試しになってみるといいですね。大事なのは冷やしすぎないこと、ゴクゴク飲まないことです。
 
また、それぞれの銘柄別にグラスが用意されていて、もちろんそうでなくともおいしく味わえますが、専用グラスに入れると気分も一層盛り上がります。今回のグーデンカルロスのグラスはもともと偶然持っていて、写真のが専用グラスです。
 
ところで、今回のグーデンカルロスクラシックの味ですが、ソフトな口当たりで、しかもワインのような温かみとしっかりしたボディを兼ね備えたヘット・アンケル社の代表作、ということですが、ボキャブラリーに乏しいものでラベルからそのまま引用してしまいました。ヘット・アンケル社のビールは濃口で旨みがあるのが多く、深夜にチビチビするのに最高と思います。つまみは不要。ぐびぐびいくビールではありません。
 
ということで、ビールの写真はうまく撮れましたが、星の写真は…いつになったら…
プロフィール

studio-K

Author:studio-K
十勝平野の撮影小屋(studio-K)
から星を撮影しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR