FC2ブログ

AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

改造X2も来たのでカメラレンズも新しいものが欲しいかな、といろいろ検討していましたが今週ついにやってきました。
 

 
おっ、あれっ、Fマウントレンズ?買っちゃいました?
 
星以外のマクロ撮影もしたかったもので…Nマークもついてるし…
 
それで、問題点は二つ。
Gレンズですので絞りリングがありません。マウントアダプターが調整レバー付きのものですので、絞りは変えられます。が、目盛りはなく、レンズからのぞき込んで目分量。どうせ星にはF4位しか使わないので、あらかじめなんとなく合わせておいてよし、とします。
もう一つは、最近のレンズはそういうものも多いらしいのですが、ピントリングが空転して止まらないんですね。初めてこういうレンズを手にしました。ピント位置をマークしておいて再現することができないです。毎回ライブビューで合わせればいい話ですが。
 
以上のことは、レンズの性能さえよければ、些細なことです。このレンズの作例がネット上なかなか見られず、天体写真適性は未知数でしたが、ニコンのマクロが悪かろうはずがない、という思い込みで中古にて購入に至りました。
 
それで昨夜、早速待ちきれずに出撃。結果ですが、ん~、ハロは多い、倍率色収差結構出る、コマも結構出る、周辺減光多い、それらが約F4でも解消せず…あれれ
悪くもないかもしれませんが、期待が大きかっただけになんだかな~、です。
 
もしかしたらお安いFFフィルターのせいかもしれない(でも全部それの責任ではないでしょう)、とも思いますが。ピント位置でも多少変わるかも。非改造S5Proで検証するか新フィルターの到着を待ちます。
この記事でこのレンズの購入の参考にする方はいらっしゃらないとは思いますが、今回は画像の公開は控えておきます。
スポンサーサイト



ようやくここまできました、改造デジ一ファーストライト

X2が山形への修行の旅から今週月曜日に帰ってきました。あっという間の改造でありがたいことに秋物にも間に合いましたが、どうやら週末のGPV予報はあまりよくありません。今日は朝からずっと快晴でしたし、天気図の高気圧の張り出し方を見たら、これはもう平日遠征決行です。
 
ということで改造X2のファーストライト、1枚もの速攻処理なので小さめに
 

 
北アメリカ星雲・ペリカン星雲付近
 撮影日:2011年10月19日
 レンズ:Aiニッコール180mmEDf2.8→4 L41フィルター
 赤道儀:EM10
 ガイド:5cmファインダーガイド鏡+SSAG+PHD Guideing によるオートガイド
 カメラ:EOS kiss X2 IDAS DRS-SP改造
     Astronomik UV-IR-Block EOS Clip-Filter
     ISO1600、露出時間10分×1枚
     CS5にて現像ほかレベル、トーンカーブ補正のみ。ダーク、フラット補正なし
 撮影地:更別村
 
雲ひとつないものの透明度が悪い空でしたが、その分風もなくシンチレーションは良くガイドには良い条件でした。ということでF4に絞って、順調に枚数は稼いでダークも撮ってきましたのでしばらく画像処理に時間をかけてみます。

ジャコビニ流星群(10月りゅう座流星群)に会いに行ってきました

今日未明、10月りゅう座流星群が出現するということで出かけてきました。我々の世代には、旧称であるジャコビニ流星群と言えば思い出深い人も多いのではないでしょうか(年がバレますね)。当時マスコミが大騒ぎして、星など全く興味のない父も小学生の私を札幌近郊の海岸に連れていってくれました。結果はただの一つも流れませんでした。けれどもその時が初めてかもしれません。札幌に住んでいた私がまともな星空を見たのは。それと1個だけジャコビニ群ではありませんが大流星のプレゼントがありましたね。
 
前置きが長かったですが、今朝です。帯広付近はかなりの霧でしたが、約40年越しでジャコビニ群に会えるかもしれないのでとりあえず行ってきました。霧の薄いところを探し回って結局いつもの撮影地になりましたが、時間もなくなり霧で気合も入らず、固定で短時間露出のみ。約1時間車に出入りしながら数個見ましたが、群流星は3個くらいでしたか。写真の方には151コマ中、1個も収穫なし。
 
 
ということで、大出現はここでは見られなかったことを確認して帰ってきました。安心して眠りました。
 

冬のダイヤモンドを切り裂く長経路ジャコビニ群流星が写るはずだった1枚
Fuji S5Pro Tokina11-18mm(F2.8)11mm開放 露出25sec ISO3200
CS5でレベル補正のみ カブリ補正なし 更別村

まだまだ習作ですが-先週末のM31

本当は一応の完成形を持って公表すべきなんでしょうが、原版の悪いのをあれこれいじるのもどうかと思いますので(面倒なだけ、処理できないだけ)、また、ビールブログになってしまわぬように現時点のものを投稿しておきます。将来こんなものを載せてしまって恥ずかしい、といえるようがんばります。
 

 
M31
 撮影日:2011年10月1日
 レンズ:ペンタックス67 300mmf4ED★開放 フィルターなし
 赤道儀:EM10
 ガイド:5cmファインダーガイド鏡+SSAG+PHD Guideing によるオートガイド
 カメラ:EOS kiss X2
     ISO1600、露出時間7分×4枚
     CS5にて現像ほか画像処理。ダーク、フラット補正なし
 撮影地:更別村
 
さて、これからですが
 
1、ガイド不良
 ガイド鏡接眼部と対物レンズセル部分の焦点調節機構にガタがあります。
 風が少しありましたがパラメーターがどうか検討。
 カメラレンズマウントのガタ。
2、ピント不良
 67レンズですからシャープさがそれなりかもしれませんが、もう少し追い込めると思うのです。マスクを作ってみましょうか。
3、RAPバージョンアップ
 S5Proだったので今まで間に合っていたのですが(いや、持ってるだけで使ったことがありません)、X2対応のRAP2にします。ダーク、フラットも補正しましょう。
4、X2を旅に出す。
 どうやら予算がつきました。
 
ざっと考えてもこれだけ思いつきます。趣味ですからまた楽しみながら改善していきましょう。

反省会:ドゥシャス・デ・ブルゴーニュとともに

昨日アップしたプレアデスの画像でもう一つ大失敗があるのが分かりました。コンポジットしていて、どうもおかしい、いや、絶対におかしい。そうです。暗すぎます。ISO1600、F2.8開放、7分。周辺のモヤモヤ狙いでしたから。
 
ISO200で撮ってました。
 
ということで、反省会には麦酒。
 

 
今日のベルギービール、ドゥシャス・デ・ブルゴーニュ。甘酸っぱーいビールです。チーズにもピッタリ。
オーク樽で熟成するということで、まあワインっぽい感じであります。いままで呑んだものは保存が悪かったのかあんまり良い印象がなかったんですが(なんかセルロイド臭いんでないかい?)、今日のは美味。カクテル気分で楽しめます。これなら間違いなくおすすめ。全く苦くない、不思議な素晴らしいベルギービールですね。
 
ところで反省会ですが、せっかく即確認できるデジタルなのに、せめて1枚目は一度確認する、ということにつきますね。いきなり7分間6本勝負、タイマー任せで星眺めて車で休んで、という銀塩時代の40分1本勝負、と同じことをやっている私が悪いんです。という当たり前の結論でした。
 
ビール美味しかったです。ごちそうさま、おやすみなさい。

脱テスト撮影への道-1

昨夜はこちらは大変良い天気となりました。風向も最近としては逆で霧の心配もなし。もちろん遠征してきましたが、結果はタイトルの示す通り…まだまだですね。
 
明るいうちに自宅から40分ほどの撮影地に到着。にわか雨の後のようでかなり真っ黒の雲が多くしばらく待機していました。なかなか黒い雲があっちに行ってくれないのですが、薄明終了前に準備を完了しようと機材を並べ、極軸もあわせ、さてカメラ乗っけておこう、と思ったら
 
67マウントアダプターがありません。
メイン予定の300mm無し?、一晩中晴れそうなのに
 
昨晩から準備万全、のはずでしたがアダプターつけたままだとケースが閉まらないもので、はずした、ね。
 
それから一度撤収し取りに帰っても21時には撮影開始できました。
 
それからも雲は低空のみで快晴といってもいいくらいなのですが時々雷が光るし、さすがにちょっと疲れもありオートガイドも何となく良さそうなのでほとんど放置。ノーマルカメラ2台ですので赤いものは狙わずということで、オリオンが上がったところで切り上げてきました。
 
自宅へ「ふたたび」帰って画像を確認したところ、      s5pro jpegでしかとってませんでした。
 
その他ほとんどがピントかガイドが甘く力が抜けましたので、コンポジットを含め全部これからゆっくりやってみます。
 
とりあえず速攻でjpeg1枚出し。
 

 
 M45
 レンズ:Aiニッコール180mmf2.8ED開放 L41フィルター
 赤道儀:EM10
 ガイド:5cmファインダーガイド鏡+SSAG+PHD Guideing によるオートガイド
 カメラ:Fuji S5Pro
     ISO1600、露出時間7分×1枚
     CS5にてレベル補正、トーンカーブ補正のみ、コンポジット、ダーク、フラット補正なし
 撮影地:更別村
 
銀塩時代、一番気に入っていたレンズでしたが、やはり青ハロは目立つようです。後日コンポジットその他してみます。




プロフィール

studio-K

Author:studio-K
十勝平野の撮影小屋(studio-K)
から星を撮影しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR