FC2ブログ

新機材到着

今日意外と大きな箱で新機材が到着しました。
 

 
今日もまたまた快晴で、早速試写です。
 

 
おやっ、これは左に逆向きのコマ、単純なスケアリングの狂いでは説明つかないような…光学的な知識がないのでよくわかりませんが。
最新のレンズへの私としては思い切った投資でしたので、この星像では納得できません。
 
返品交換交渉してみます。
スポンサーサイト



十勝晴れ、来ました。

北海道内は今週は大荒れの天気の地方も多く申し訳ないのですが、十勝晴れの季節、来ましたね。
 

 
明日は最低気温-10℃の予想です。再来週が勝負です。

Baby-Qの追い込み

金曜日の夜のことでしたがまた素晴らしい快晴となり、懸案であるBaby-Qのテスト撮影を自宅でしました。
 
まずは調整なくストレートに撮影。
 

FSQ85ED+レデューサーQE0.73x ピクセル等倍切り出し
 
ファーストライトのM31は左下隅にコマが出ていましたが、今回は四隅ともに出ていて、ある意味結構均等ですが、このコマはもう少しなんとかしたいです。
 
レデューサーとカメラの接続は、ステージ秀さんのスケアリング補正機能付強化TマウントEOSと真鍮製強化ワイドリングEOSを使っていますが、このスケアリング機能を使ってなんとか調整できないかやってみました。
このリングはカメラとリング間のガタをイモネジでなくす機構はすぐれものと思いますが、スケアリング調整ネジを回すには一度カメラもリングも外す必要があります。調整して試写、結果は家のパソコンで確認、考察、また調整して試写、を延々と繰り返すこと3時間。いろいろ試しましたが結局さらに伸びたコマの結果しか得られず。どうなっているのか、これがBaby-Qの仕様の範囲なのか、いや、そうではないでしょうね。
レデューサーからの最適バックフォーカスがこれより短いというのならこのアダプターリングではお手上げですが。カメラとアダプターリングのガタを取るイモネジでいくらかバックフォーカスは大きくなる可能性はあると思います。
 
ということで、この2日間ちょっと考え込んでしまいました。
 
さらに今日当日の画像を見ていて新たに問題発見。星像にとらわれて気づいていませんでしたが、このシマシマは初めて見ます。
 


いつも使っている改造X2ですが初めて見るシマシマノイズですね。全部のコマにありました。ん~…
 
せっかく天気が良くなってきましたが、しばらく眠られない日々が続きそうです。

AF-S NIKKOR 85mm f/1.8Gのテスト撮影

昨夜はまずまずの天気でした。
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8Gが8月のファーストライトで片ボケがあったのがそのままになっていましたので、自宅でテスト撮影をすることにしました。
 
まず、マウントアダプターを介さないでどうかということで、D5100での撮影です。
 

D5100 AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G 開放(ピクセル等倍切り出し)
 
あまり片ボケという程ではないですね。
 
次に絞りを変えてみました。
 

D5100 AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G (ピクセル等倍切り出し中央及び左下隅)
 
F2.8位からかなりシャープになります。通常はF4で使うことになりそうです。
時間の限られる彗星の撮影なら2.8もあり、ですかね。
ハロはやはりF2.8から改善していますが、実はテストなのにL41を全部に入れてしまったのでなんとも言いにくいです。
 
F4での全体像です。
 

M45付近
 撮影日:2012年11月20日
 レンズ:AF-S NIKKOR 85mm f1.8G F1.8→4  L41フィルター
 赤道儀:EM10 AGS-1X改造ノータッチ
 カメラ:D5100ノーマル

     ISO3200、露出時間30秒×1枚
     CS5にて現像ホワイトバランス、レベル補正
 撮影地:幕別町自宅
 
D5100ではこのまま使えそうなめどが経ちましたので、次は改造X2での撮影。マウントアダプターが2種ありますのでそれぞれで撮影しました。
アダプター1は絞りを変えるレバーがあるタイプ、アダプター2はないタイプです。アダプター2ではとりあえずレンズ本体のレバーに紙を挟んで絞りが開いたままになるようにしました。どちらにしても絞りのメモリがあるわけではないのですが、いずれも約2.8くらいだと思います。
 

 改造EOS X2 マウントアダプター1
 
これは右上、右下がかなりボケボケですね。
 

 
改造EOS X2 マウントアダプター2
 
今度は右上がボケてます。
これは改造ボディのスケアリングの可能性も否定はできないもののマウントアダプターの問題でしょうね。実際、両アダプターとも結構遊びがあってレンズを回すとカタカタします。
さて、どうしたものか。時々レンズとアダプターが外れなくなっちゃたりすることもあるので、あんまり余計なものを挟めたりしたくない気もします。レンズとボディ2点支持という手もありますかね。
 

雪が降りました

夕方、帯広に防寒長靴を買いに行くと、帰りには雨が雪に変わっていました。初雪ですね。
 
というわけで、当然雪景色の写真を…
 

 
あれっ、いつのまにか晴れてますね!
今日は予報が当たりといってよいようですね。でも、ものすごく風が強くて寒いです。
 
このままでは冬の寒さに向かってモチベーションを維持するのが大変なので、-20℃仕様の観測スタイルに着込んで見ました。昨年ダウンの上下を買いましたが、-20℃近くになるとそれでもつらかったんです。それでさらにスキーウェアを重ね着してみるとこれがほとんどカイロなしでも快適でした。今まで下着靴下と中ばかり重ね着しても、背中に腰に両足、靴の中にカイロを張っても(同時にですよ)全然だめだったんですがね。こんな手があったとは。
今日もあんまり快適なのでこれから撮影に行きたくなりましたが、日曜から行くと一週間がつらいのと、風が強すぎるので残念ながら自重しました。

また雨ですねえ

最近雨が良く降ります。本来は雪が降ってよい季節です。
明日夜あたりは冬の気圧配置、すなわち太平洋側の十勝は晴れになる期待をしていましたが、GPVではいまひとつの予報ですね。
 
新月期だというのに撮影に行けそうもないので、何となくヤフオクを見ていたらおもわず落札してしまいました。
 

 
Baby-Q、FS78他、今ある筒には合いません。次購入するものに使えるかなぁ、と。ちゃんと現物のサイズを確認してからの方がよいのですけどね。合わなければ“宝の山(いわゆるガラクタ箱)”に保管です。

準備万全

昨夜は準備を整えて、ご覧のように玄関に積み上げていましたが、ここまででした。
今週はこのままにして、いつでも出かける体制にしておこうかな。
 

 
Baby-Qの直焦点のみのセットなんですけど、予備のものなど念のため持って行ったりでこんなにいっぱいです。
パソコンを新しくしたら、古いものも持っていったほうが動かなかった時とかバッテリー切れにも対処できるかと思って、ついつい入れてしまいます。ケーブル類も複数ずつ、レリーズも2本、カメラも2台、ヒーターも2本、それがだめならとカイロも2個、ライターも2個、エネループと予備の乾電池単一、単三、単四、オートガイドが働かなかった時のためにカメラレンズもなどなど…もう考え過ぎか。

この空では…

今夜はかなり期待していたんですが、この空ではちょっと出かけられないかな。
 

 
来週は冬型になる日があれば、逃さず平日でも撮影決行ですかね。

これはいいかも シグマ 35mmF1.4 DG HSM

大変ご無沙汰しておりました。
 
「星見人の会」で大いに刺激を受けて以来、やはり天体写真ブログなのだから写真を撮ってナンボ、あまり機材ネタばかりでウダウダ書くのはよそう、と思っているうちにいつの間にか11月も大分過ぎてしまいました。
 
けれど、これは良さそう、すごく気になります。
 

シグマ 35mmF1.4 DG HSM 、キャノン用は30日発売です。
 
35mmF1.4というと、天文用途にはサムヤンをお使いの方も多いですが、当たり外れが少なからずあるようで購入をちょっとためらうところです。しかし、シグマは新たに開発したMTF測定器により全数検査を行った上で出荷するそうです。
しかも早くもヨドバシカメラのHPにレビューが載っていますが、これは期待を抱かずにはいられないですね。この通りの性能なら値段もリーズナブルだと思います。
 
実はある望遠レンズの購入をほぼ決めていますが、この35mmは彗星用に大変気になっています。
プロフィール

studio-K

Author:studio-K
十勝平野の撮影小屋(studio-K)
から星を撮影しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR