FC2ブログ

年の瀬ですが

年の瀬、というかもう押し迫っていますが、年を越してしまう懸案事項がありまして落ち着きません。
 
先月購入の新機材、その後全く登場せず、というかどなたも気になさっていないかもと思いますが。
 
SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM 購入しました。
 
一度自宅での撮影で片ボケか、ということで即販売店送り。結局メーカー送りとなり、結果はまさかというかやっぱりねの「仕様の範囲内」。
今日も一日室内でテストパターンの撮影に明け暮れておりました。こんな暮れも押し迫って何やってるんだろう。段々神経質になっていくばかりのような気もしますが、やっぱり納得できず、本日またメーカー送りとなりました。疲れましたのでテスト画像をアップするのはやめておきます。個体差とは思ってみてもどうにも。
 
こんな話題で申し訳ありませんでしたが、皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。
スポンサーサイト



幻のビール、ウェストフレテレン12

久々にベルギービールの話題です。
先日幻のビール、ウェストフレテレン12を手に入れました。330ml瓶6本とグラス2個のセットです。
 
このビールが“幻の”と言われるわけですが、醸造しているSint Sixtus修道院が少量生産で、不定期に修道院でのみ販売し卸販売を行っていません。一人1セット限定で転売は禁止、ということで通常は市場に出回らないということです。
今回の品物は修道院の修繕費用に当てるという名目で正規に市場に販売されているものです。
私は今まで2本飲んだことがありましたが、非正規品だったということらしいですね。
 
さて、年1本ずつくらい開けて熟成を楽しもうという決心も早速どこへやら、クリスマスイブに1本開けてしまいました。
 

 
12~16℃が適温となっていますから、この季節には涼しめの室内で保存していたものをそのままグラスに注ぎます。フルーツのようなさわやかな甘い香り、以前の記憶が蘇ります。たまらず口に含むと、旨い、美味いです。何とも言えない甘さ、濃口のフルボディビールです。
食後酒としておすすめ、つまみは基本はなしですね。ですが、実はチョコレートがぴったりです。今回も試してみると、全然チョコレートの甘さに負けません。あっという間に1本なくなってしまった。残念。
 
まだまだ通販で手に入るようです。御興味のある方はぜひ試してみてください。ビールとしてはちょっとお高いですが損はないです。私ももう1セット頼もうかと思っています。

本年の撮り納め、豊頃に行ってきました。

昨夜もいい天気でした。月があるので久々に豊頃のハルニレを撮りに行ってきました。
 
プロフィールの写真を始めもう何度も撮っているのですが、今ひとつ納得できないんですね。今度も月が太すぎです。なかなか予定と月と降雪(足跡がねぇ)が噛み合わないですね。
 
銀塩がメインですので試し撮り用のデジカメ画像です。
 

 
月夜のハルニレ2012
撮影日:2012年12月23日固定撮影
レンズ:トキナー AT-X107 DX Fisheye 10-17mm F3.5-F4.5 (10mmF5.6 15sec.)
カメラ:NikonD5100ノーマル ISO1600
CS5 にて現像Camera Rawにて補正
 
撮影地:豊頃町
 
風もなくマイナス11℃のポカポカ陽気でした。
 

いっかくじゅう座のわし星雲-IC2177

昨夜撮影したいっかくじゅう座のわし星雲(またはカモメ星雲、ウミガメ星雲)IC2177を速攻処理しました。
寒いので?ちょっと濃い目です。
 

 
IC2177
 撮影日:2012年12月19日
 FSQ-85ED レデューサーQE0.73x(327mmF3.8)
 赤道儀:EM10 AGS-1X改造 SSAG PHD Guiding 60mmガイド鏡
 カメラ:EOS kiss X2 IDAS DRS-SP改造
     IDAS UIBAR-III EOS-MFA フィルター
     ISO1600、露出時間5分×16枚
     RAP2にてフラット補正、CS5にて現像、画像処理
 撮影地:幕別町弘和
 気温:-23℃
 
モニター上は目立たないと思いますが、全コマ大ピンボケでした。前回の反省でバーチノフマスクは1度しか被せなかったためです。というのは冗談ですが、ピント合わせを横着したためです。おかげで星像はボケて全面均一、ガイドグラフも良くなかったのにミスがわからず。
処理はかなり濃い目ですが、カラフルにしたかったので今回はこんなところで。
フラットは使い回しでちょっと合っていませんでした。下の方がそのためのムラか光害かよくわかりませんでしたが、レベル調整で誤魔化しました。
 
全体としては、直焦点挑戦一年目の最後に自分としては作品レベルのものとなったようで良かったです。来年は手抜きをしないで結果を出したいですね。

今夜はシバレタ

今夜は月の入りが23時、ちょっと厳しいけど今年最後の撮影チャンスです。天気図を見ても行けそうです。これは逃してはならぬと一度仮眠をとってから出かけてきました。
 
出発の時から車の温度計がマイナス19℃。これはさすがにやばい、と思ったんですが…
 
 
 
…今日は寒かった。
 

 
撮影終了時、手元の寒暖計はマイナス23℃でした。遠征時の最低記録です。
パソコン、赤道儀その他も問題なく働いてくれました。前回からノイズ対策にカメラの外部バッテリーはやめましたが、互換バッテリーも1個1時間は稼働、実用十分でした。
 
さて、撤収して控えめにしていた水分を取ろうとすると
 

 
車内に置いていましたがほとんど凍っていました。これでは、“そのままでは飲めない!”
 
さて肝腎の成果ですが、週末にでもゆっくり処理します。

先週のプレアデス

週末はまたも大雪となりました。夜も濃い霧で撮影どころではない天気でしたので、12日に撮影したすばるの処理をしました。
 
16枚ほど撮影したうち、結局4枚での処理です。
 

 
M45
 撮影日:2012年12月12日
 FSQ-85ED 直焦点
 赤道儀:EM10 AGS-1X改造 SSAG PHD Guiding 60mmガイド鏡
 カメラ:EOS kiss X2 IDAS DRS-SP改造
     IDAS UIBAR-III EOS-MFA フィルター
     ISO1600、露出時間8分×4枚
     RAP2にてフラット補正、CS5にて現像、画像処理、ダーク減算なし
 撮影地:幕別町弘和
 気温:-16℃
 
まず構図が、何度も直したのにはじめの試し撮りと同じでした。
周辺像が随分悪いです。対策が全然生きませんでした。
 
どちらにしてもいつか撮り直しです。

また行ってきましたが…

昨夜は連続3日目の快晴。撮影に出かけてきました。
 

 
雪明りは仕方ないもののご覧のようにいい感じだったんですが…
 
Baby-Q初めての主焦点でプレアデスを撮影しました。開始時-13℃が8分5コマ撮影時点で-16℃まで下がりましたのでピントを確認。バーチノフマスクでしっかりずれていましたので修正しました。これ以上はそんなに下がらないだろうと8コマタイマーでセットして放置。魚眼でふたご群狙いの固定撮影等していました。
 
8コマ終了で子午線越え。平日ですので終了、枚数が少なければまた後日の予定です。
ヒーターは効いているかな~と筒先に目をやると何と霜で真っ白に…蓋(バーチノフ君)被ってました。冷えるわけだ。
 
ということで、途中でピントがずれているであろう5コマしかありません。気力が出たときに処理してみます。
 
8コマのピント合わせ撮影最中にも気温は-16℃から-18℃まで下がりました。でも、その間ピントは完璧。となると、初めのピント移動は望遠鏡の温度が順応していなかったんでしょうかね。
 
今日も今のところ快晴ですけど…

ようやく撮影してきました。

週末は大雪でしたが週が明けて冬型の気圧配置となり、昨夜は快晴でした。
 
ようやくテスト撮影の日々から脱出です。平日なので夜半前に撤収してきましたが、時間を追うごとに良い状態になり帰るのがもったいなかったですね。しばらく何かと忙しいので、とりあえずホワイトバランス、トーンカーブ一発、コンポジット処理のみの画像をあげておきます。
 

 
カリフォルニア星雲付近
 撮影日:2012年12月10日
 レンズ:AF-S NIKKOR 85mm f1.8G F1.8→3.1  L41フィルター
 赤道儀:EM10 AGS-1X改造ノータッチ
 カメラ:EOS kiss X2 IDAS DRS-SP改造
     IDAS UIBAR-III EOS-MFA フィルター
     ISO1600、露出時間3分×16枚
     CS5にて現像、フラット、ダーク減算なし
 撮影地:幕別町弘和
 気温:-10→-16℃
 
この下の続きも撮ってあります。2枚でモザイクの練習予定です。
ハロは結構目立ちますね。もう少し絞る必要がありますね。
 
今週まだチャンスはあると思うので、次はBaby-Qを持っていきます。

続-Baby-Qの追い込み

今日は大雪で大変でした。もう晴れましたが、来週の遠征週間を前に路面が凍ってしまうと辛いです。
 
昨夜は快晴でまたまたテストです。最近格子模様ばかりで申し訳ありません。来週に向けてなんとか間に合わせたいのですが。
 
Baby-Qですが、レデューサーを使うと今一つだ、というような記事がブログ上散見されるようです。明るさを考えるとレデューサーをどうしても使いたいとは思いますが、主焦点で撮影したことがなかったので例によって自宅でテスト撮影をすることにしました。
 
まずは何もせずストレートに撮影
 

FSQ85EDレデューサーなし
EOS kissX2 IDAS DRS-SP改造 UIBAR-III EOS-MFA フィルター
300x300pixel
 
結構良いようですが、左下にコマ、右上が少し巻いた感じ、これはこの前のAF-S85mmでも見たなあ、と思って同じ場所にアルミテープを貼り付けて重ねて行って試し撮りすると…これっていいかな。
 

FSQ85EDレデューサーなしアダプターリング部分で傾き補正
EOS kissX2 IDAS DRS-SP改造 UIBAR-III EOS-MFA フィルター
300x300pixel
 
少しガイドが流れていますが(ちょっとRAが不安定でした)、ほぼ全面同等の星像に見えます。このくらいなら今度本番撮影してみます。
続いてレデューサーも入れて同じようにやってみたのですが、コマは大分直って均等にできたもののどうも星像が大きくなってしまったようです。レデューサーの場合、像面との距離の問題もありますので単純にはいかないのでしょうか。もう少し検討の余地があるようです。

アイちゃん企画、『全国統一EOS Kiss X2ノイズテスト』

我が家に一泊していった新機材はメーカー点検の旅に出ているようです。
 
今日はこちらは大雨の一日となり、アイちゃん企画、『全国統一EOS Kiss X2ノイズテスト』を行いましたので結果を発表させていただきます。
それがすごいノイズまみれで他の方のと比べる気も起きないような、もう最近は良いことないなぁ。
 

 
EOS kiss X2 IDAS DRS-SP改造(No.1760506791)ISO800 10min. 13℃
 
何か条件間違ってないのかなぁ、というような酷いことになってますが、これが自分のボディの現実でしょうか。新レンズより新ボディを考えたほうが良さそう。
 
どうせ星に使うときは-20℃の自然冷却カメラだから大丈夫、と強がっておきます。

再びYASHICA ML35㎜F2.8

1年ほど前に一度試したことがあるYASHICA ML35㎜F2.8ですが、半年ほど前に別のジャンク品を衝動落札していました。確か5~6k位と記憶しています。昨夜AF-S NIKKOR 85mm f/1.8Gに続き試してみました。
 
F2.8開放の切り出し画像です。L41は入れていません。
 

YASHICA ML35㎜F2.8開放 EOS kissX2 IDAS UIBAR-III EOS-MFA フィルター
300x300pixel
 
細かいことを言わなければ結構いいんじゃないですかね。このレンズは正規?のものだとオークションでもそれなりのお値段ですが、監視カメラ用と思われる品では綺麗な品でも数千円です。その代わりコーティング等が同等か、保証の限りではなさそうです。
今度暗いところで使ってみます。

再びAF-S NIKKOR 85mm f/1.8G

昨日はお騒がせしました。ひとまず、新機材は宅急便で送り返してきました。
 
さて、今夜もすんばらし~い月夜です。今週だけでここ半年分の晴れがあった気分です。問題は新月期ですけどね。
 
気を取り直して今夜もテストです。先日のAF-S NIKKOR 85mm f/1.8Gの片ボケ対策をしてみました。アルミテープをマウントに貼り付けては試写の繰り返し。絞りレバーなしのマウントアダプターを使って、絞りはレンズ本体に詰め物をして開放固定です。
 
まずまずいいかなという一枚の、ピクセル等倍切り出し画像です。
 

 
絞り1.8開放ですからまあ十分じゃないでしょうか。中央のハロはちょっと気になりますが。
このマウントアダプターをこのレンズ専用品にして、再現できるようにします。
絞りは3.5くらいで固定できる楔でも作ろうと思います。
 
ちなみに、マウントアダプターを介したEOS Bodyでの結果ですので、この片ボケはレンズ本体の問題ではないであろうことをご理解ください。
プロフィール

studio-K

Author:studio-K
十勝平野の撮影小屋(studio-K)
から星を撮影しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR