FC2ブログ

撮影地テスト

連休は北海道は暴風でした。
撮影予定もなく今月は坊主だなあ、と思ってましたが今日は夕方から素晴らしい青空に。もったいないので撮影地テストに行ってきました。
 
今回のパンスターズ彗星のメイン撮影地は初めて使ったんですが、実は一番暗そうなのは彗星とは逆の南東方向です。自宅から20分程とあまりにも近いので全然考えてもいなかったのですが、南の撮影には案外良いのではないかと気になっていました。昨冬のメイン撮影地は40分はかかるのに南が明るいのです。
 
今日はこの季節としては最高の透明度だったと思いますが、D5100、AF-S 85mmf1.8G、南東の30度くらいでISO3200、f2、30秒で大体ヒストグラム中央になりました。まずまずというところですかね。
 
南東方向、魚眼レンズではこんな感じです。右下は南、左下は東の低空に光害があります。からす座から見るとアンタレス付近も何とか撮影許容範囲でしょうか。今度試してみようと思います。
 

 
撮影日:2013年4月29日 固定撮影
レンズ:トキナー AT-X107 DX Fisheye 10-17mm F3.5-F4.5 (10mmF3.5 30sec.)
カメラ:D5100ノーマル ISO3200
CS5 にて現像Camera Rawにて補正
撮影地:幕別町新和
スポンサーサイト



機材整理

天候が良くないですね。撮影のモチベーションは下がりまくりです。
 
ということで(どういうこと?)機材整理ですね。
 
あまり活用できなくて残念なものもありますが、出番がないままでも仕方ないのでまた新たな活躍先が見つかればと思います。
 

下がった

少しやる気を出して週末カメラレンズでの撮影計画を練ってましたが、北海道はダメそうですね。
全国的には良さそうですのでみなさんの成果を楽しみにしています。
 

 
これからは十勝は天気も良くないし夜も短いし、夏の天の川とかましてはサソリなんかほとんどまともに撮影したことはありません。
 
そうなるとどうしても食欲、ではなかった物欲が…ん?下がっている、ちょっと。
 

パンスターズ彗星、天文ガイド5月号に掲載していただきました。

3月16日にBaby-Qで撮影したパンスターズ彗星。処理に時間がかかって応募が遅めだったのですが、まさかの5月号掲載となっていました。
 

 
3月20日の当ブログ投稿のものをさらにコンポジット枚数を増やして処理も変えてありますので再掲載いたします。ミラー切れがちょっと見苦しいですがノートリミング版です。
 

 
パンスターズ彗星
 撮影日:2013年3月16日
 FSQ-85ED レデューサーQE0.73x(327mmF3.8)
 赤道儀:EM10 AGS-1X改造 ノータッチガイド
 カメラ:EOS kiss X5(ノーマル)

     ISO1600、露出時間2秒×64枚
     CS5にて現像、画像処理
 ダーク、フラット補正なし トリミングなし
     撮影地:幕別町新和
 
大雑把な処理過程ですが、4枚コンポジットして彗星マスクで強調処理。それをトーナメント方式で4枚コンポジット、再び彗星マスクで強調。もう一度4枚コンポジットして、再び彗星マスクで強調、というふうに64枚コンポジットしました。何とかイオンテイルを出そうと頑張りましたがここまででした。誌上の印刷では全然わかりませんね。
以前の処理から改善されたのは、マスクにグラデーションを入れたり、ぼかしの方法を変えて尾の部分はなめらかに出せたと思います。
 

4月ですね。

4月になりました。
今年は十勝名物の春のドカ雪もなく(今のところ?)庭の雪もかなり解けました。
 
春ですね。花も咲き始めました。
 

 
去年の4月1日はFSQ-85ED(Baby-Q)を購入し直焦点を始めますということでしたが、今年はそれに加えカメラレンズでの撮影にも力を入れたいです。
シグマの180mmマクロを親子亀方式でガイドできるようにしました。
 

 
機材の方の予定は、というと、まずX5を改造に出します。
また、パンスターズ彗星の様子を見ながら広角レンズを買おう買おうと思っているうちに、結局必要がなさそうで買いそびれました。すぐでなくても良いのですが、アイソン彗星の前には用意しなくてはなりません。今度は、要らなかったなんてことのないようにして欲しいですね。
プロフィール

studio-K

Author:studio-K
十勝平野の撮影小屋(studio-K)
から星を撮影しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR