FC2ブログ

開封

いよいよ寒くなってきました。
 
都合で11月前半の撮影はお休みしますが、新兵器も投入して体制を整えます。これでモザイク処理も快適になるはずです。
 

スポンサーサイト



it’s in my hands again-レトロスタイルニコン-comming soon?

D600だのD610だの言っているうちに、どうやらニコンが新しいフルサイズカメラを準備しているようです。
本日、公式ホームページに新型機の予告と思われる動画がアップされました。
 
何やら絞りやシャッターダイヤルの操作音らしきカチカチ音が。
FM2で撮影していた頃が懐かしいですね。今でも持っています。
 
天体写真用にはマニュアル操作のシンプルな機材が欲しい。
D4センサーと噂されているので、星景撮影に適した機能であれば、ついでにお値段もリーズナブルであれば嬉しいです。

シメイ3兄弟

最近、自宅では節酒に努めています。幸い大好きなベルギービールは、田舎なもので近所では手に入りません。
 
ところが先日よく行くスーパー(天文ガイドもここで買うのですが)で見つけてしまいました。
 

シメイ3兄弟
 
嬉しくて思わず3本セットで買ってしまいました。おそらく全国的に一番手に入りやすいベルギービールの一つであろうシメイビールです。
 
一番のおすすめは、シメイブルーです。濃口で甘いです。食後酒に良いでしょう。大切なのは冷やしすぎないこと、ゴクゴク飲まないことです。ヴィンテージ入りのラベルで、室温保存で年々熟成されます。結局いつもすぐ呑んでしまうので、熟成したものを体験したことはありませんが(笑)。
 
シメイレッドは、最初に出た元祖シメイ、というだけあってもう少し素朴な味わいです。値段もこの中では少しお安くなっています。
 
シメイホワイト(ラベルは黄色いですが)は、やや苦味もありこの中ではドライ。食前にゴクリといくのも良いでしょう。
 
書いてて涎が出てきましたが、もうしばらく眺めて楽しみます。

月夜はテスト撮影

満月の週末が来ましたが、例によって非常に良い天気です。また、来週からしばらく週末の予定が続くので、なかなか撮影には行けそうもありません。このような時こそ機材整備、テスト撮影をして準備しなくてはなりませんね。
 
先月から薄いものに挑戦していますが、ほとんど撃沈状態です。主焦点F5.3では厳しいというのもありますね。
そこでまず昨日はFSQ-85ED+レデューサーとEOS 6Dのスケアリング調整。これが昨日はどうにも追い込めず終了。今夜も続けてなんとか使えそうなところまで来ました。次回IC1985付近はレデューサー入りF3.8で行きます。
 
続いてFS-78再生計画。先日購入の76Dフラットナーのテスト撮影をしました。
またスケアリング調整で苦労するのを覚悟していましたが、一発でBaby-Qより全写野均一で合格点。これはやはりFの暗さがものを言っているのでしょうか。F8.4ですから…ん~8.4かぁ~。でもフルサイズで問題なく使えそうでまずはよかったです。
 

FS-78 ヒサビサライト
 
さて続いてオートガイドテストです。
これがまた今夜も、最近よくあるDECがズレて行く現象出現。ですが今日は様子を見ていてそのまま改善、いつの間にか今までほとんど見たことないような綺麗なグラフになりました。手持ちの最長撮影鏡(FS-78+フラットナー:658mm)10分ガイドも全く問題なし、今夜のテストは終了となりました。
このオートガイドというのは、いざ遠征となるといろいろなことが起こるので油断なりませんが。
 
ということで2日続けてテスト三昧でしたが、まだまだアイソンまでに調整しておきたいカメラレンズがいっぱい控えています。

2013北海道星見人の会

13日から14日にかけて名寄市で行われた北海道星見人(ほしみすと)の会に参加してきました。
 

会場 名寄市立天文台 きたすばる
 
昨年から参加させていただいでいますが、私にとっては年一回道内の天体写真ブロガーの皆さんとお会いするほとんど唯一の機会です。あいにくの雨模様でしたが、4時間弱で名寄に到着しました。
 
プログラムは特別講演、発表に続いてお待ちかねのビンゴ、交流タイムとなりました。
ビンゴでは昨年は寂しい結果でしたが、今年は見事に賞品ゲット。
 

 
その後は日本酒と共に天体写真談義です。今回の目玉はなんといっても、天文ガイド最優秀に輝いたhanaさんの「ガム星雲」と5Dさんの最優秀候補の南天の天の川の大伸ばし生プリント。
 

 
この2人のモザイク写真は、いずれも「砂をまいた」というより「粉をまいた」ような星像で驚くやら呆れるやら。これを見るだけでもはるばる名寄まで出かけた甲斐がありました。
 
翌日は秋晴れで快適なドライブでした。
 
層雲峡は紅葉が見頃でした。
 

 
 
三国峠からのパノラマです。山の上は白いですね。そろそろ下界も冬は近いです。
 

D610登場!

かねてから噂のあったD610、ついに、本当に発表されましたね。
 
D600とどこが変わったの?という感じですが。
 
Canon使いが圧倒的の天文屋さんにはあまり興味がないかもしれませんが、AF-S14-24mmを購入してから星景用にはやはりニコンのフルサイズボディが欲しくなりました。D600を検討したもののいろいろ噂もありためらっていました。
けれどもこれから暫くはD600、D610両方の値動きを見て悩みそうです。

先週は1勝1敗

そろそろ晴れる日も増えてきたようなので、今月の新月期は思い切って薄い対象を狙うことにしました。
先週は3日、4日と晴れる予報でしたのであわよくば一気に撮り終えようという魂胆でした。3日は快晴、4日も出かけましたが結局ずっと曇り。
 
それでまだ左(東)半分しか撮っていませんが、どうも今週は無理そうなので今のところこんなんです、ということで。
 

                        
 
 
IC1985付近というわけですが、まだ簡単な処理しかしていませんがこれではどうにもならないかもしれません。今のところ100分なので、さらに倍くらい写してもちろん右側も…かな。11月も続きですね。
薄いのは覚悟していたけど赤も青もあって綺麗なところですよね。せっかく撮り始めたので完成させたいです。
プロフィール

studio-K

Author:studio-K
十勝平野の撮影小屋(studio-K)
から星を撮影しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR