FC2ブログ

もはやシーズンオフ?

新月期がやってきましたが、どうも天気がいまひとつです。
 
夜半前はまだ冬物が十分撮れますのでコーンからバラ星雲辺りを考えてはいるんですが、できれば週末2晩欲しいのです。平日なら3日必要になってしまうかもしれないですが、寒いし最近それだけ撮影に行く根性がないですね。愛損効果が今頃出てきたのかも。週末一日で撮れる位の予定に縮小しようかな。どちらにしても今週末も天気予報はいまいちです。
 
そうなるともう季節は私の機材では対象が殆どなくなる(もちろん考え次第であるのですが)春の空。天気のほうも3月の後半ともなると、夕方は晴れていても夜冷えると一気に霧になってしまう季節の到来ですね。冬眠ならぬ春眠の季節です。というわけで、もうそろそろシーズンオフ近し。
スポンサーサイト



オリオン座

年末の撮り納めに“普通の”オリオン座を撮っておいたのですが、忘れていました。
 

 
オリオン座
撮影日:2013年12月30日
 レンズ:Ai Micro-Nikkor 55mm f/2.8S→f4
 赤道儀:EM10 AGS-1X改造ノータッチ
 カメラ:EOS6D SEO-SP4
     ISO3200、露出時間60sec.x5枚(総露出時間5分)うち1コマにコッキンディフーザー1フィルター
 撮影地:幕別町新和
 
星座の形がわかるよう1コマはディフーザーフィルターを入れてコンポジットしました。こういう強調処理をしない星座写真もたまには新鮮ですね。

オリオン座中心部を再処理

少しずつ寒くはなってきましたが、相変わらず殆ど雪のない十勝です。
 
久々にモニターのキャリブレーションをしてみましたが、かなり変わりました。彩度がまるで違います。パソコン本体を更新したのに何もしていなかったので無理もないかもしれません。
そこで年末分の再処理を殆ど最初、コンポジット、モザイク合成以後の分から全くやり直してみました。
 

 
三ツ星からバーナードループまで(再処理)
 撮影日:2013年12月28,29,30日
 FSQ-85ED レデューサーQE0.73x(327mmF3.8)
 赤道儀:EM10 AGS-1X改造 SSAG PHD Guiding 60mmガイド鏡
 カメラ:EOS6D SEO-SP4
     ISO3200、露出時間120
sec.x120枚(総露出時間4時間)2フレームモザイク
     RAP2、Photoshop CS5にてダーク、フラット、現像その他画像処理
 撮影地:幕別町新和
 気温:-8~-10℃
 
ブログにアップするとコントラスト、彩度が上がる感じになりますが、それにしても派手過ぎか、そしてもうちょっと明るい感じでもいいかも、ですかね。
 

FS-78でバラ星雲を撮影

1月5日、年末年始撮影週間の最後はFS-78のデビュー戦となりました。昨年購入した新型フラットナーでの撮影です。
 

 
バラ星雲
 撮影日:2014年1月5日
 FS-78 76Dフラットナー(658mm F8.4)
 赤道儀:EM10 AGS-1X改造 SSAG PHD Guiding 60mmガイド鏡
 カメラ:EOS6D SEO-SP4
     ISO3200、露出時間8分.x15枚(総露出時間2時間)
     RAP2、Photoshop CS5にてダーク、フラット、現像その他画像処理
 撮影地:幕別町新和
 気温:-10~12℃
 
この日は最高の空でした。冬の天の川が綺麗なのはもちろん、対日照らしいものも見えていました。もう少し薄いものを狙わないともったいなかった位でしたが、購入以来18年にしてFS-78初めての直焦点なので良しとします。
FSQ85-EDに比べるとさすがにシャープさは一歩譲りますが、フルサイズ周囲まで完全な点像で周辺光量も十分です。暗いですがISO3200なら問題なし。
ですが、処理を進めていくとあれあれ、青ハロがかなり盛大に…(消しました…仕方ないですかね)。
 
処理はとにかくベタッとならぬよう気をつけました。かなり彩度は上げてしまいました。
 
ちょっとしたアップに、これからもFS78十分使えそうです。
 
 

クラゲ星雲トライアングルを撮影

さて、年末は3日かけて撮ったところが、結構雪明りの影響がありそうでした。そこで今年の初めはもう少し高くなる対象としてクラゲ星雲を撮る事にしました。
 
事前にステライメージで構図を練りましたが、Baby-Qの画角(327mm、450mm)ではどうもうまく収まりません。モザイクなら450mm2枚にするとうまく入りますが、プリント時のトリミングで困るので3枚モザイクが必要になります。そうなるとクラゲの湯気まで写すには相当時間が必要で、正月休みには撮りきれないかもしれないです。
そもそも別にこの3つを一緒に写さなくてもよいと思うのですが、一つを仲間はずれにするのもかわいそうだし(もともと仲間じゃない?)単独でアップするほどの焦点距離もありません。
結局少し窮屈になりそうですが、327mm1枚撮りでいくことにしました。
 

 
クラゲ星雲、モンキー星雲、M35のトリオ
 撮影日:2014年1月4日
 FSQ-85ED レデューサーQE0.73x(327mmF3.8)
 赤道儀:EM10 AGS-1X改造 SSAG PHD Guiding 60mmガイド鏡
 カメラ:EOS6D SEO-SP4
     ISO1600、露出時間240sec.x22枚(総露出時間1時間28分)
     RAP2、Photoshop CS5にてダーク、フラット、現像その他画像処理
 撮影地:幕別町新和
 気温:-8~10℃
 
この日はこれだけ、と決めていたので3時間でも4時間でも行く気でしたが薄雲の来襲もあり計1時間半で終了。マイナス10度では全く冷え込みが足りませんね。すっきり晴れません。
 
やはり構図はいまひとつかな~。でも、どっかで最近見たような構図?(ってもしかしてVixen!?)
それとピントは何度が合わせなおしましたが、ちょっとずれていたコマもあるのか、薄雲のせいか星にハロ、フリンジがあります。今のところハロ消しはしていない画像です。
 
いつかまたクラゲ単独で撮ってみたいですね。
5日夜も撮影に行きましたのでまた後日。

年末の成果

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
 
さて、年末はまずまずのお天気に恵まれ3日連続で撮影して来ました。
シグマの180mmで撮って処理しながら、BabyQでも撮りたくなったのでオリオン座です。
 

 
三ツ星からバーナードループまで
 撮影日:2013年12月28,29,30日
 FSQ-85ED レデューサーQE0.73x(327mmF3.8)
 赤道儀:EM10 AGS-1X改造 SSAG PHD Guiding 60mmガイド鏡
 カメラ:EOS6D SEO-SP4
     ISO3200、露出時間120
sec.x120枚(総露出時間4時間)2フレームモザイク
     RAP2、Photoshop CS5にてダーク、フラット、現像その他画像処理
 撮影地:幕別町新和
 気温:-8~-10℃
 
雪照りのせいか先日のラブジョイに比べると3分の2しか露出がかけられませんでした。となるとISO1600でも良さそうなものですが、雲行きが怪しかったために結局2分露出に。特に29,30日はしばしば雲で中断。4時間の目標に3晩でようやく達しました。
 
それで左右の条件が結構違ったようなんですよね。今見なおすと気になります。
下方の被り補正。左がコントラストが低い?燃える木の東のところはこんなものかも知れませんがのっぺりしています。
6Dになってからミラー切れがフラットでは全く補正できないので先日スポンジをカットしてみました。かなり改善しましたが再周辺はまだフラットが決まっていません。けれどまあここは、星像的に難しいのでプリント上はカットすると思います。
明日は仕事始めなのでまたいつか時間ができたら再処理してみます。
プロフィール

studio-K

Author:studio-K
十勝平野の撮影小屋(studio-K)
から星を撮影しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR