FC2ブログ

桜 開花しました

今日も天気は良くて、庭の桜の花が開き始めました。
気象庁の言う開花とは、5、6輪咲いた状態、だそうですが、そもそも我が家の桜には、全部で5輪くらいしか咲きそうもありませんので、本日開花宣言とさせて頂きます。



FUJIFILM X-M1 Ai Micro-Nikkor 55mm f/2.8S Velviaモード撮って出し

全部咲いた頃には回りの葉も開いてしまって、開花=満開=葉桜が同時に来てしまいそうです。
スポンサーサイト



桜 咲きそう

26日は帯広で桜の開花宣言、昨日は30度と一気に春というより夏のような十勝です。
そして庭の桜、いったいいつになったら咲くのやら、と毎年やきもきしていましたが、ついに初めてつぼみを確認しました。



FUJIFILM X-M1 Ai Micro-Nikkor 55mm f/2.8S

殆どは葉っぱのようで、まだ今年は「満開の」とはなりそうもないですが、これで毎年春の楽しみが増えそうです。

新ガイドシステム考え中。LACERTA・M-GENってどうなんでしょう。

これから1000mm超のガイドをするにあたり、オートガイドシステムも考え直さないと駄目かなぁ、と思ってnam worldさんご紹介のマルチスターシステムとか考えていたのですが、ふと協栄さんのHPでLACERTA・M-GENスーパーガイダー近日発売、と言うのが目に留まりました。

スタンドアローン、超高感度、値段も手ごろか!はたしてどのくらいの精度なものか。調べていくと、K-ASTECさんのブログでご紹介されていたDithering撮影が出来るというものだったんですね。
メーカー発表値50mmのガイド鏡で1000mm強がガイドできる!?セッティング2,3分。パソコン不要。しかも強力にカラーノイズ低減。

これはもうポチるしかないか。

と言うようなことを考えながら、撮影にも行かずに昨日から呑んでいるのはこのお酒です。


山廃仕込純米 天狗舞

山廃ってどんなもんだか買って見たんですが、ネットで仕入れた先入観とは何か違う。好きともきらいとも言えませんが、今夜残りを呑んでみます。

今年度は何を写しましょうか。

今週は暖かく20℃を越える日もありました。平日に頑張って撮影に行こうか迷っていたのですが、素晴らしい不透明度でやめました。案の定、北海道にもPM2.5がやってきているようですね。
今日は透明度は回復してきましたが、如何せん、暗夜が2時間ほどしかありません。

我家の庭にエゾエンゴザクが咲いていました。



SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM 絞り開放 Fujifilm X-M1

さて、4月ももう終わりそうですが、今年度の予定です。

昨年度の導入機材がまだ実働していませんので、まずはそれらでの撮影、これにつきますね。

ONTC8010(20cmF5ニュートン反射)はまた光軸修正をさぼっていますが、天候の安定する秋口までには安定運用できるようにしたいと思います。とりあえずメジャー対象でしょうね。今まではちょっと小さくてと言うような、例えばM33からでも撮ってみたいです。

シグマ150mmマクロツインは、なかなか2本目のレンズの星像に満足がいかないのですが、今週スケアリング調整で何とか妥協できそうなレベルとなったので早いところ試してみたいです。こちらもメジャー対象から、天の川中心でしょうか。

新規機材としては、大物は無いと思いますがカメラレンズを2、3シグマのArtシリーズ短焦点辺り、何ミリから行こうか考え中です。

昨年はあまりにも撮っていないので、今年は無理せず写しやすいメジャー対象から撮って、とにかく形は残そうかなと。
6Dも2台になったので、直焦やりながら広角撮影用にスカイメモSというのも気になっています。

月食連続写真、せっかくなので、比較明合成しました。

最後の30分ほどで曇ってしまい完結できなかった連続写真です。ざっと比較明合成しました。



 撮影日:2015年4月4日
   カメラ:EOS6D SEO-SP4
   レンズ:AF-S NIKKOR 14-24mmF2.8G ED (20mm絞り約8)
     ISO800、5分おきに露出して比較明合成 ノートリミング
 撮影地:幕別町

いろいろ反省点もありますが、次の機会があれば良いデータになると思います。

YONGNUOワイヤレスリモコンをツインで

今まで6Dツインシステムでの撮影では、2台のカメラを厳密にシンクロさせる必要もないだろうということで、それぞれのカメラにつないだタイマーリモコンでほぼ同時に露出していました。
二股のケーブルを自作したりするのも面倒だというわけですが、ワイヤレスなら何のことはない2台同時に反応するのではと思いついて(当たり前と言えばあたりまえですけど)比較的安価なYONGNUO製を2台購入してみました。
 

 
リモコン本体とカメラ側の受信部、有線用のコードが付属しています。
2台シンクロ使用ではリモコンは1台あまりますが。
 

 
当たり前と言えば本当に当たり前ですけど、全く問題なく同時に反応しました。
ですがchina製という事もあり、常に予備の方法も用意していたほうが良いとは思います。
あと、受信部の電池が-20度でどのくらい持つのかもちょっと気になります。
 
これで1個のリモコンで車内からでも操作できますし、何といってもコードを足に引っ掛ける心配がないのが良いですね、もしかしてEOS Utilityで2台同時に操作できるのかもしれないのかはわかりませんが、パソコン経由での操作は減らしたい私にとってはベストの方法だと思います。

「十勝晴れ」呑みました。

2012年から十勝に誕生した地酒「十勝晴れ」。ネーミングもいいけどお米は十勝産の「彗星」。というわけで天文ファンなら呑むしかなかったのですが、いままで予約してまで日本酒を買う習慣がなかっため、呑む機会がありませんでした。
今日たまたま仕事関係の飲み会で行った居酒屋であるとのことではじめて呑みました。

写真が無くて申し訳ありませんが、すっきり呑みやすい、でした。「十勝晴れ」のイメージそのままですね。
いわゆる「十勝晴れ」というのは延々と続く冬の晴天のことを言うのであって、帯広測候所のホームページでも、「冬型の気圧配置になると晴天が続きます(通称“十勝晴れ”とも呼ばれています)。このため、厳冬期の冷え込みは厳しく、-30℃以下まで下がる日もあります。」と書かれています。その通りのイメージのお酒で、いつのまにかお代わりしていました。

その本物の「十勝晴れ」までは半年我慢ですね。

皆既月食

天気予報はよくありませんでしたが、思いがけず夕方晴れていましたので、昨年に続き広角の連続撮影に挑戦しました。
 
結果はまたもや惨敗。
皆既までは良かったのですが次第にお約束の霧の中、そしてあと30分というところで完全に肉眼的に見えなくなり撤収となりました。
 
本命は6D、20mmで撮りましたが処理に時間がかかるというかもうやる気がないので、X-E1+150mmでの皆既直後の経過、5分おきです。このあとどんどん曇りました。
 
いつかは全経過を写したいものですが、天気ばかりは何とも難しい。
 

プロフィール

studio-K

Author:studio-K
十勝平野の撮影小屋(studio-K)
から星を撮影しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR