FC2ブログ

先週のテスト撮影

CCA-250の安定運用はまだまだで最近まともな写真を投稿できず、ちょっと寂しいので先週のテスト撮影からとりあえず仕上げてみました。計20分なので薄いところは出ませんが。



M45
 撮影日:2017年11月21日
 CCA-250 645レデューサーCA0.72x(890mmF3.6)
 赤道儀:EQ8 GOTO
               KOWA LM75JC M-GENによるオートガイド
 カメラ:EOS6D SEO-SP4
     ISO3200、露出時間120sec.x10枚(総露出時間20分)
     RAP2、Photoshop CCにてフラット、現像その他画像処理
     トリミングなし
 撮影地:南とかち天文村スタジオK

オートガイドテストのために行きましたが、等倍で見るとギリギリセーフかなという感じなコマが殆どでしたが、1枚だけ没でこれなのでまずまずでしょう。もうちょっと追い込む余地はあると思います。

以下、以前からのことですが気になる点はいくつか。

ゴーストがいくつか出ていますね。消す処理はしていません。フィルターは入れていないし、今までFSQ-85や20cmニュートンではこのようなのは出たことがありませんが。プレアデスのような輝星が入るものだと問題か。M31では出ませんでした。

スパイダーの光条割れがあります。左上方向のですね。これはA3プリントなら太いのがわかるかなという位かもしれませんが。斜鏡金具は自分で弄れそうなものではないので、このままかタカハシに相談(送る?)しかないように思います。

もう一つ、光条が縁に行くと6本になっている星がありますが。これはなぜですかね。あまり気にならないといえば気にならないけど、2枚モザイクだと真ん中に行ってしまうので困るかと。

星像は十分良いと思いますが、最周囲が片方わずかに延びています。アダプター部分のスケアリングで改善できるか位はやってみますが、このままでもA3プリントまで目立たない気もします。

ということで、全く問題なしとも言えませんが、最近はというか、もともと細かいことを気にする方でもないので、次の新月期には撮影開始です。
スポンサーサイト



結構寒い

昨夜は快晴で少し時間が出来たのでテスト撮影に行ってきました。夜のスタジオ(観測所)入りは久しぶり、一ヶ月ぶり位です。

-13℃ですか。11月としては寒い。完全冬装備で出かけましたので大丈夫でしたが。



ちなみにこの温度計は冷蔵庫用と称しているものだと思いますが、どう考えても十勝の気温にぴったりですね。

さて、撮影のほうはもっぱらガイドのテストです。大分良くなってきたのですがもう一歩というところ。うるさいこと言わなければ8割方使えるような結果でした。


RAパラメーター

その他光条割れとかゴーストとか、前のニュートンではなかった問題が出てきて…これもあまりうるさいこと言わなければ…輝星が入らなければ大丈夫か、という程度なのか、どうなのか。


中央切り出し

まぁ、楽しみながら少しずつやっていくことにします。

雪が積もりました。

毎年ながら仕事もその他も忙しくなる季節で、天気は良くなってくるのですが撮影は全く出来ていません。その上今年は予定外の日本シリーズまで出てしまったものだから、余計に忙しかったです。



雪明りのない中で冬の対象を写したいと思いつつ、今年も積もってしまいました。大体しし群の頃には積もっていることが多いですね。
プロフィール

studio-K

Author:studio-K
十勝平野の撮影小屋(studio-K)
から星を撮影しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR