FC2ブログ

GFX 50S+Tamron SP15-30mm F2.8

GFX 50Sを星に使うならまずは星景でしょう。純正のGF23mmF4(換算18mm)が本命レンズです。が、残念ながら初めから揃える予算がありませんので、先日タムロンの15-30mmを試してみました。



Tamron SP15-30mm F2.8(30mmF2.8開放) Lee Soft-2 Filter ISO12800、5sec.




Tamron SP15-30mm F2.8(24mmF2.8開放) Lee Soft-2 Filter ISO6400、10sec.

室内で試したところ20mm位までは周辺減光は許容範囲内と思いますが、18-15mmはフードで周囲がけられます。
30mm、24mmは私の主観では使用可能と思います。ちなみに右上のプレアデスを拡大してみると


 

              30mm                                      24mm

さすがにこんな感じではありますが。

今日は素晴らしい十勝晴れの日で、日高山脈がすごく綺麗でした。



Tamron SP15-30mm F2.8(20mmF2.8→5.6) ISO200、1/2900sec.

ホワイトバランスしか弄っていません。これなら20mmも使えそう。絞りが裏ワザを使わないと変えられないのが辛いところですが。

スポンサーサイト



FUJIFILM GFX 50S+FSQ85ED



IC2177
   撮影日:2018年2月12日
     FSQ-85ED レデューサーQE0.73x(327mmF3.8)
 赤道儀:EM-200 Temma PC Jr.
     KOWA LM75JC M-GENによるオートガイド、ディザリングあり
 カメラ:GFX 50S
     ISO3200、露出時間2分x36枚 (総露出1時間12分)
     RStackerによりフラット処理、Photoshop CC 現像その他処理、         
     ダーク処理はなし、トリミングなし
 撮影地:南とかち天文村スタジオK
 気 温:-20℃くらい

試しにフラットを撮ってみると周辺光量は十分だったので写してみました。Baby-Q使えますね。
フラット処理もRStackerで出来ました。
本命はCCA-250で使いたいので、アダプターを製作依頼中です。

皆既月食 その2



皆既月食全経過
EOS-6D(SEO-SP4) Tamron SP15-30mm F2.8(17mm) Lee Soft-2 Filter
月:20時44分より約5分おき 星野及び地上風景:22時20分(露出19sec.)

皆既月食

昨夜は皆既食の間だけ良く晴れました。運が良いのか悪いのか。



FUJIFILM X-M1(normal) CCA-250(1250mm F5)




EOS-6D(SEO-SP4) Tamron SP15-30mm F2.8(17mmF2.8) Lee Soft-2 Filter ISO6400 10sec.

皆既中は冬の天の川も見えるほど回復したのですが、前後はかなり厚い雲で月しか見えない程。それでも5分おきの連続撮影も全経過写し終えました。大きなミスを2つしましてどうなることかわかりませんが、これからごにょごにょ処理してみます。

まずは、速報ということで。
プロフィール

studio-K

Author:studio-K
十勝平野の撮影小屋(studio-K)
から星を撮影しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR