FC2ブログ

そうだ、眼視もやろう。

当ブログをご覧になってくださる皆さんは私を専ら天体写真屋とお思いでしょうが、撮影中は厳寒期でなければ、4cmの双眼鏡で主な星雲星団を眺めたり、肉眼でぼーっと星を眺めるくらいはしています。撮影がうまくいかなくても流星の1、2個でも見れたら得した気分で帰れますし。ですが、FSQ85ED、VSD100、CCAには接眼レンズを付けたことは確か全くなかったですね。やっぱり天体写真屋ですね。

10cm位の双眼鏡が欲しいなあと考えたりもしますが、結構なお値段もします。高価な双眼望遠鏡までは考えてはいないのですが、迷っているうちに気分が盛り下がってしまいました。

ですが、考えてみるとCCAだって眼視はできますよね。今頃気付いたんですよ。遅い。

接眼レンズは高級なものは持っていませんが、先月試しに、手持ちのNPL30mmと正立ファインダーに使っている特価品正立天頂プリズムをCCAにつけて覗いてみました。M45M42M35でメジャー物で当たり前かもしれませんが、期待程度以上にきれいに見えました。
ではもう少し広角アイピースを買ってみようと検討しました。初めはタカハシのエルフレ28mmあたりと思っていましたが、いろいろ調べると昔の感覚で星雲星団はとにかく低倍率というのは今は常識的ではないのですね。それと超広角アイピースだと倍率を上げても実視界は同じになるし今の大陸製アイピースにはナグラー、イーソスの地位を脅かすようなものもあるようですし、日本製ならマスヤマアイピースも気になるし大変悩みましたが、結局選んだ1本目はこれでした。



賞月観星のUWA16mm(82度) です。CCA-250主焦点で78倍エクステンダー併用で117倍、VSD主焦点で24倍になります。今のうちに冬物を見ておきたいですが、昨日午後から天気も良くて行ってきました。



まずは屋根の雪下ろし、いつの間にか雪の多い年になっています。



アイピースアダプター等眼視用接続リングも標準付属しています。日没前には金星でピントが合うのを確認しました。バックフォーカスは十分のはずですが、正立プリズムは光路長が長いので一安心。
ですが、この辺から雲に覆われて撮影も無理そうなので撤収となりました。

その他、最近トラブっている外部バッテリーでのGFX、PCはどちらも動作OK。Mgenもケーブル変えてマニュアルで動作はOKのようでした。これも寒くなるとどうだかっていうところはありますが今週末はうまく行くことを期待します。
スポンサーサイト



プロフィール

studio-K

Author:studio-K
十勝平野の撮影小屋(studio-K)
から星を撮影しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR